FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女座の園 間章3


 間章三 建物群《Fairy Nest》

 《Sweet Spirits》の中を、カッターシャツにデニムのジーンズを着た、一見女子大生風の来園者が歩いている。そのまま店を出ようとしたところで、不意に、ウェイトレスの少女が、来園者の目の前に立ちはだかった。
 目の前に仁王立ちしたウェイトレスにおびえた来園者。ウエイトレスに何か話しかけられると、来園者は急に大人しくなった。そのまま彼女に連れられて、店の外に出て、脇にある小さな建物の中に入る。
 二人が入っていった建物は、とんがり帽子が可愛い、明るい色彩のもの。いかにもテーマパークという感じの現実感のなさを漂わせていて、中に何か実用的な施設があるとはとても見えない。
 しかし入っていくと、そこは、小さな更衣室になっていた。この園内には、あちこちに意味のない飾り用の建物を建てる一方、いざという時にすぐにほかの部署に応援に行けるように更衣室としても使用できる設備になっているのだ。
 更衣室の一室に来園者を連れ込んで、ウエイトレスは愉しげににやりと笑った。ウエイトレスが指示すると、彼女の目の前で、怯えた顔の来園者は服を脱ぎ始めた。シャツを脱ぎ、裸の胸にブラ一枚になる。
 それを見て、ウエイトレスがにやりと笑った。ブラの下はすかすかで、どう見ても男の胸だ。顔、体型ともに一見女性としか見えないが、この来園者は男性だったのだ。
 さらにジーンズを脱がされ、その下から女物の下着が現れる。顔を真っ赤にしてうつむく来園者に、ウエイトレスは別の服を手渡す。来園者は顔を真っ赤にして彼女に許しを請うが、彼女は容赦なく、室内の電話に手を伸ばしかける。あわてて来園者は、ウエイトレスの渡した服を身につけ始めた。
 オレンジのプリーツスカートは、短いスパッツと一体になっているため超ミニ丈。ボックスプリーツの下は、さらに濃いオレンジの切替えになっているので、可愛さというか、幼さというか、とにかく女の子らしさが強調される。上に着るのはオレンジ色のシャツで、こちらは襟と胸ポケットが濃い色で縁どられている。さらに、同色のキャップをかぶり、靴さえもオレンジ色のスニーカーで統一すれば、《乙女座の園》の案内を行うスタッフの制服が完成する。
 着終わって、真っ赤になる来園者。ウエイトレスはそんな彼をにやにやと見下ろす。来園者を見るところ、真剣に恥ずかしがっているあたり、どうやら自らの趣味ではなく、単に罰ゲームか何かで入ってきただけのようだ。だが、ウエイトレスはそんなことお構いなしに、彼を更衣室の外に引きずり出していった。
 この日の午後いっぱい、ある入場案内スタッフの女の子がシフトから外されたが、《乙女座の園》は平常通りに営業した。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/99-4f1c51a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。