FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長編『禁じられた遊び』 (16)

登場人物
 上村 大海(うえむら ひろみ)……中学一年生の少年。
 天野 聡子(あまの さとこ)……大海の同級生。

あらすじ
 中学生の上村大海は、ある日、同級生の天野聡子に誘われて、空き教室で彼女の制服を着てみることになる…。

 ピクシブにもまとめました → 禁じられた遊び    
 
  (16)

 夕焼けに染まる廊下に突然現れた若い男性のは、ほかならぬ、ぼくらのクラスの担任教師だった。当然、毎日のように顔を合わせている相手だ。
 その瞬間、ふいにぼくは現実に帰ったような戦慄を覚えた。
 先生に、見られている。男子のくせに、こんな女子制服を着て先生の前にいるんだ。
 寒気にも似た羞恥心が全身に襲い掛かり、怖くなってたぼくはとっさに、天野さんの後ろに隠れた。
 先生は「おや」という顔をして、
「何やってるんだ、二人とも――って、天野じゃないか」
「ごめんなさい、先生。ちょっと空き教室で勉強してたら、遅くなっちゃって」
 何の勉強だか、ってツッコミは心の中にしまい込み、ぼくは天野さんに任せる。
 先生は苦笑いして、
「熱心なのはいいが、あんまり遅くまでやるなよ。完全下校時刻が近づいたら、早めに帰るように」
「はい、判りました」
「そっちの子も」
 とつぜん先生が、ぼくに目を向けた。どうしよう、と冷や汗を流していると
「どこのクラスの子か知らないが、あまり遅くならないように。次に見かけたら、担任の先生に報告するからな。気を付けてくれ」
「は、はい……」
 ぼくは、できるだけ女の子に聞こえるような声で言った。前にいる天野さんの肩が震えているのは、笑いをこらえているんだろう。
「それじゃあ先生、失礼します」
「ああ、早めに帰れよ」
 ぼくらは先制の脇を通って、廊下を歩きだす――
 その時、ふいに先生がぼくらの背中に声をかけてきた。

「そうだ、天野、上村――」

 名前を呼ばれて、血が凍った。ばれた、と思った。燃えるような夕焼け色に染まった景色が、冷たく見えるほどだった。
 天野さんも緊張したんだろう、はっと驚いた表情で先生を振り返る。
 そんなぼくたちに向かって、先生は――
「――に明日あったら、進路指導のプリントを早めに提出するように伝えてくれ」
 紛らわしい。ぼくはその場に脱力しそうになるほどほっとした。心臓のあたりが、ずきずき痛んでいた。
「はい、わかりました」
 天野さんも安堵の表情で答え、
「でも先生、急にどうしたんです? 上村くん以外にも、出してない人はいるのに」
「ん? ああ……なんでだろうな。急に思い出したんだ。悪かったな、もう帰ってくれ」
 失礼します、といって、ぼくたちは急ぎ足に廊下を曲がり、階段を下りた。先生の視線がなくなっただけで、肩の荷が一気に下りたような気分だった。
 天野さんはおかしそうに笑いながら、
「くすくすっ、ばれたかと思って、びっくりしたわね」
「ほんと、肝が冷えたよ……」
 女子制服を着てると楽しいけど、でも、今は早く着替えたい。ぼくらは学校を出て、天野さんの家へと向かっていった。

  (続く)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/647-83b13293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。