FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少年かぐや』 第十八回(後半)

 こんばんは、神無月です。

 最近あまり体調が良くありませんが、とりあえず今週分をお届けします。再販作品のイラストのほうも滞っている状況ですが、出来れば月内、遅くとも年内を目途に「女装旅行」を再販したいと思っています。

 ではでは。「続きを読む」からどうぞ。
    * * * * *

「ドジな女の子」役として子供達と仲良くなるはずが、完全に下に見られている。せめて対等な「お友達」になりたかった。
 ところが、少女たちの答えはにべもなかった。
「イチゴパンツはいてる子なんかと、お友達になんてなれるもんですか!」
「そーよそーよ! ミホたちのげぼくになって、いうこときいてればいいのよ!」
 この幼稚園は、良家の子女が通っていることで有名な私立幼稚園だ。とうぜん、お坊ちゃまお嬢ちゃまが多い。彼らにとって、自分に逆らえない人間は召使いも同然である。他の部員たちに対しては「お兄ちゃんお姉ちゃん」として表面上だけでも仲良くするが、隆人――いや「ひとみ」にたいしては、そんな優しさもかなぐり捨てていた。
 子供達からだけではない。女性保育士も隆人を完全に女の子扱いしていたし、女子部員たちも面白がって、女の子たちと一緒に隆人を囃したてている。さらにりみは、デジタルカメラを片手に子供達と隆人を撮影している。
 ここで撮影された写真はサークルの活動としてまとめられ、後の部員に伝えられることになっている。
(こんな姿を、写真に撮られるなんて……)
(しかもそれを、ずっと後輩たちに見られるんだ)
 髪の毛の痛みに耐え、お尻を叩かれる屈辱に奥歯を噛みしめながら、彼女たちの指示通りにはいはいする。
 その間、大半の子たちは真面目にお絵かきをしている。今日の交流会を記念して、幼稚園の壁に飾るための絵だ。女の子たちが絵の具を使って、花や家や鳥の絵を描いているのは実にほほえましい光景であった――大きな「幼稚園児」が、女の子二人から馬乗りになられているところを除けば。
(女児制服を着せられて、幼稚園児のおもちゃにされるなんて、悪夢みたいだ――)
(悪い夢なら、どうか今すぐ醒めてくれ――)
 ところが、悪夢はそれで終わらなかった。
 先ほど教室から出て行った女の子が、縄跳びを片手に戻ってきたのだ。彼女は隆人の背後に回り込むと、
「ミホ、スカートをめくっておきなさい!」
「う、うん」
 戸惑いながらも、ミホは隆人のスカートをめくりあげる。
 隆人はイチゴパンツに包まれたお尻を晒されて羞恥に赤くなるが、しかし次の瞬間、そんな些細な感情は一瞬で消し飛んだ。
 なぜなら――
「ほらっ、もっと早く、はしるのよっ!」
 そう叫んだ少女の手が、縄跳びをムチのように振り下ろしたのだ。

  (続く)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/553-9fd9a048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。