FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Which do you like Paper Diaper or Cloth Diaper?

 おむつ愛好家と言っても、世の中には布おむつ派と紙おむつ派とがいるそうですが、プレイ映えするのはだんぜん布おむつ派だと思っています。

 第一に、お尻が赤ちゃんのように大きく膨らむこと。成人男性の場合腰が細く、体系的にどうしても方のほうが大きくなりがちですが、おむつを穿けばお尻がぷっくりと膨らんでベビー服がよく似合うようになります。厚手の紙おむつでもいいのでしょうが、布おむつなら遠慮なくたっぷりと膨らませられます。
 また上の理由により、「お尻が大きくてズボンを穿けないから」という理由の元、スカート・ワンピースやロンパースを強要する理由にもなります。
 第二に、吸収性の悪さ。さいきんの紙おむつは高性能で、排尿するとすぐに吸収対がおしっこを吸い込み、不快な湿りをふせいでくれます。ですがプレイの場合には、下半身におしっこの濡れた感触を感じ続けなければならない方が、いっそう屈辱的で「おむつの中におもらしをしてしまったんだ」という惨めさを味あわせることができます。

 むろん、紙おむつプレイを否定するわけではありません。紙おむつプレイを書いた作品の中にも、素晴らしいものはたくさんありますが、私個人としてはあくまで布おむつのほうがいいかなぁ、と思うわけです。実際のプレイ──特に1回限りのプレイではなく、例えば逆トイレトレーニングを自分に施す場合では、紙おむつのほうが手間がなくていいんでしょうけれど。

 朝っぱらから何を描いているんでしょうね私は。ちなみにタイトルの英語もいいかげんです。
 さてそんな前置きはここまでにして、本日分です。どうぞ。   (5)

 ススムは当然嫌がりましたが、私が断固として着替えさせないのに根負けして、学校に行きました。学校でどんなことになるのか、帰ってきたときが今から楽しみです。
 ちなみにランドセルには交換用の布おむつと、汚れたおむつを入れるための防水袋を詰めてあります。一日学校とはいえ、三回くらい交換すれば充分でしょう。
 息子が出かけてすぐ、私は仕事に取りかかりました。
 アユミにミルクをあげた後、アユミのロンパースを作ったときに余った布地を取り出し、2メートル以上残っているものを選びます。そしてロンパースの型紙をススム用にリサイズして作り始めました。
 10時近くなって、そろそろ駅近くの大型スーパーが開店します。私はアユミをベビーカーに乗せて買い物に行き、いつもの食材や日用品、アユミのベビー用品などを見たあと、上の階にある子供用品店に向かいました。
 やっぱりあの服で学校に行かせるのですから、いろいろと揃えないといけません。フリル付きのソックスに、女の子用のピンクのスニーカー、雨の日のために長靴も、女の子用の物を選びます。しかし商品を選んで買う段になって、店員さんがこんな忠告をしてくれました。
「子供は成長が早いですから、できるだけ試着なさってからお買い求め下さることをお勧めいたします」
 考えてみれば、その通りです。私は「息子が帰ってきたらまた連れてきます」と言って、店を後にしました。後に残された店員さんが、何か間違ったことをきいたように首をかしげていたのが印象的で、ちょっと笑ってしまいました。
 さて、家に帰ったら、私はアユミの世話をしながらススムのためにロンパースを作りました。伸縮性のあるスムースニットで、ウエストにスカートのようなフリルをつけます。もちろん、その下からおむつカバーで膨らんだパンツ部分が見える程度の短さです。
 一工夫くわえて、肩のところに左右三つずつ、動物型のボタンを取り付けました。これは一見すると単なる装飾ですが、後で作るものと組み合わせることを考えています。
 しかしどんなに急いでも、一日に半分も進めばいい方です。生地の裁断とフリルの取り付けが終わったところで、ちょうどススムが帰ってきました。私はすぐに出かける支度をして、持って帰ってきた使用済みおむつを洗濯機に放り込んでから、息子を連れてスーパーに出かけました。
 その道中、泣き出しそうな顔の息子から、今日一日のことを聞き出します。
 登校の時からクラスメイトに見つかって、ずいぶんからかわれたようです。最初は「オカマ」とか「おんな男」だったようですが、おむつをつけていることまでばれると、今度は赤ちゃん扱いされたみたいです。赤ちゃん言葉でバブバブ言わされたり、教室をはいはいさせられたり。
 しかもそのはいはいの真っ最中におむつの中におしっこをしてしまったものだから、そのまま教室で女の子たちの手によっておむつ交換。
 さらに体育の時間には、おむつで膨らんだお尻ではハーフパンツが穿けないため、下はおむつカバー丸出しで体操をさせられたとか。体操シャツに可愛い柄のおむつカバー丸出しでドッジボールをしている姿を想像して、私はくすっと笑いました。それにしても、体育館だからよかったのですが、外での体育だったら、折角のおむつカバーを汚してしまうところでした。
 午後にはもう一度、今度は授業中におもらしをしてしまい、放課後にそれに気付いた女の子たちの手で、またおむつ交換。
 さらに今度のお休みの日には、その女の子の家に行くことになったそうです。
「そうなの、よかったわね。きっと可愛いお洋服をたくさん着せてもらえるわよ」
 いうと、ススムは真っ赤になりました。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/453-a1e39a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。