FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『女児転生』 第二章(15) 


  (15)

「やっぱり、お兄ちゃんのママだっ!」
 50メートルほど前方から歩いてくる、スーツ姿の女性。それは紛れもなく、俺の母親だった。とっさに身を翻して逃げようかとも思ったが、冬花ちゃんに服の裾をつかまれ、逃げることもできない。
 その間に、秋穂ちゃんは大きく手を振って、声を張り上げていた。
「お兄ちゃんのママ、こんにちわーっ!」」
「あら、秋穂ちゃん、こんにちは。今日はおともだちと一緒?」
 のんびりとこちらにやってきた母さんは、視線を秋穂ちゃんから俺たちに移し──俺を見て、ぎょっとしたように、目を丸くした。
「ちょっと……武志? 何やってるのよ一体!?」
「か、母さん……」
「何なの一体その服は!? まるで幼稚園の女の子じゃない! 高校生にもなって、恥ずかしくないの!?」
 大声でいわないで欲しい、と思ったが、ヒートアップしている今の母さんに直接それを指摘しても無駄だ。一刻も早く誤解を解いて、落ち着かせるしかない。
「俺だって好きでこんな格好をしているわけじゃ──」
「嘘をおっしゃい。だったら何でそんな格好をしているのよ。そんなものを着て外を出歩いておきながら、好きで着ているんじゃないなんていわれても、全然説得力がないわよ」
 その意見には全面的に賛成だったが、しかし実際そうなんだから仕方がない──そう言おうとした矢先、
「そーですよねー」冬花ちゃんが口を挟んだ。「さっきからずっとこんな調子なんですよ。自分から、秋穂がむかし通ってた幼稚園の制服が着た言っていったくせに、こうやって外に出た途端、恥ずかしいの嫌だのっていって……」
「そうなの? まったく、何で高校生にもなった男の子が、こんな服を着たがるのかしら」
 理解に苦しむ、と言わんばかりの顔。そこへ、今度は有里奈ちゃんが口を挟む。
「考えるに、何か山野くんの中に屈折した感情があるのではないでしょうか。小さい女の子に憧れたり、あるいは小さな女の子になりたいと思うような感情が。無意識のうちにあるそうした感情が、女装は恥ずかしいことだと思う表層意識との間でジレンマを起こしているのだと思います」
 とても小学生の発言とは思えない有里奈ちゃんの説明。しかしそれを聞いた母さんは、はっとしたように目を丸くした。急に小声になって、
「そうね……武志には、ちゃんとした男の子になって欲しいからって、できるだけ男らしく育てたつもりだったんだけど……それがいけなかったのかしら。武志にとって負担になって、結局こんな風になっちゃったのかも……)
「その可能性はありますねー」冬花ちゃんがさらに便乗し、「このままほっとくと、変な方向にエスカレートしちゃうかも知れませんよ? 例えば幼女趣味に走ったり──ですから、できるだけ安全な方法で、そのジレンマ? を解消した方がいいんじゃないでしょーか」
「そう……そうね。でも、どうすればいいかしら」
 冬花ちゃんと有里奈ちゃんの口の巧さ、そして何より、母さんがもはや俺の弁明にまったく耳を貸さないせいで、話はどんどんおかしな方向に転がっていく。さっきから口を挟もうとはしているんだが、誰も聞いていないので結局なにもできないままだった。
「良い方法があります。ちょっと失礼……………………」
 冬花ちゃんはひそひそと、母さんの耳に何事かを吹き込む。母さんはうなずきながらそれを聞いていたが、やがて話が終わると、
「そうね……それしかないわね。判ったわ」
「本人は嫌がるかも知れませんけれど、口先だけですから無理矢理させるくらいのほうがいとおもいますよー。『周りから無理矢理やらされているんだ』ってことにしたほうが、お兄ちゃん自身も楽でしょうし」
「ええ、判ったわ。いろいろとありがとうね、ええと……」
「冬花です。で、こっちが有里奈」
「冬花ちゃん、有里奈ちゃんね。ふふっ、小学生とは思えないくらいしっかりした子ね、二人とも、これからも武志をよろしくね」
「ええ」
 何だか不吉な意気投合が行われていたが、俺はもう口を出す気力も失っていた。
「それで、秋穂ちゃんたちはこれからどうするの?」
「これからちょっと、ある場所に行くつもりです」
「そう。なら、気をつけてね。武志、くれぐれも変なことをするんじゃないわよ」
 母親はそう言って、結局一度も俺の言い分を聞かないまま、家路へと向かう大通りを下っていった。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/367-260fbda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トップエントリー

〔掲載小説一覧〕クリックして下さい。         〔その他コンテンツ〕クリックして下さい。              〔動画ジャン...

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。