FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験入学 第二章(8)

(8)

 「特別矯正室」は、校長室を抜けた次の間にある。この部屋の内部で行われることの一切は、児童会の自律に委ねられている。しかし無断使用や濫用を防止するため、校長室を通らないと入れない構造にしたらしい。
 部屋に入った武生がすぐに思ったのは、これがどう見てもベビールームであるということだ。中央には大きなベビーベッド。部屋にはサイズ別に、ベビーカー、歩行器や食事台が所狭しと並び、壁にはベビー服が掛かっている。洋服ダンスも子供用だ。
 さらに部屋の隅には、少女向けキャラクターのマットが敷かれたパステルカラーの学習机まで置いてある。武生たちが室内に入ったとき、ひとりの児童がそこで勉強していた。
 後ろ姿は女子児童。軽く茶色に染めた肩までの髪の毛に、可愛らしいリボンをつけ、臙脂のセーラー服を着ている。その子は振り向くと、少女二人を見てこう言った。
「あ、藤田副会長、鹿島書記。……その、おかえりなさい」
「ただいま戻りました、大庭悟(おおば さとる)会長」
 由音がにんまり笑って言う。悟と呼ばれたその子は、怯えたように身体をすくませた。名前からすると、男子児童だろうか?
「会長、書類の整理、終わりましたか?」
「ま、まだです、その、あともう少し……」
「ダメですよ、会長。こんなものつけて遊んでちゃあ。早く仕事してくださいね」
 会長、と呼びかけながら、二人は悟に対していささかの敬意も払っていない様子だった。由音は、学習机のチェアから立ち上がった悟に近づき、彼の臙脂色のスカートの前の裾をまくる。悟は小さな悲鳴を上げたが、手で押さえることもなく、大人しく、されるがままになっていた。
 めくられたスカートの下を、武生は見た。スカートの下には一糸まとわぬ裸の股間。剃ったのか、文字通り体毛一本まとっていない。そしてそこには少年の象徴が生え、ヘアゴムでくくりつけられたピンク色の球体が細かく震えている。そのコードの先端は、スカートの裾に挟み込まれていた。
 どうみても、大人の玩具だった。びくんびくんとペ*スを痙攣させながらも、悟は必死にローターからの刺激に耐えている。
「我慢してくださいね、大庭会長。まだこちらの方との挨拶も終わっていないんですから。っていっても、もうあらかた出ちゃってるみたいですけど」
 よく見れば、由音のまくっているスカートの内側に、べっとりと白い粘液が付いている。どう見ても、あれだ。
「まだ小学六年生なのに女児制服のスカートはいて、ペ*スにローターくくりつけられてアヘアヘしたあげく、ろくに自己紹介もできないなんて……本当に会長、変態の素質ありますね」
「そんな……あ、あ、あ……」
 由音の手が悟のスカートの裾にかかり、そこに挟まれたスイッチを操作する。ローターの震えがいっそう激しくなり、大庭の身体がのけぞりかけたとき、不意にローターの震動が止まった。寸止めだ。
 しかしローターの刺激が止まったので、悟は何とか挨拶できるまでに落ち着いた。
「は、あぁ、はぁ……あ、僕は、六年生の、はぁ、大庭、悟です。児童会長をやってま……すぅ!?」
「やってますじゃなくて、やらせてもらってます、でしょう? 会長」
 今度は来夏が、悟の背後からスカートをめくる。その指先は、彼のおしりを触る位置だ。
「私たちがもり立てて差し上げなければ、児童会長としての職務を満足に果たせない癖に、何をおっしゃっているんですか。全く、学年でもっとも成績優秀なものを児童会の役員にするという制度も、考えものですね。成績ばかりの無能者が入ってくるんですから。もっと多角的な視点から、優秀な児童を選任すべきでしょう。いま、そのことを校長先生に進言してきたところです。校長先生も、私たちと同じお考えのようでした。ただ、役員の選出を完全に児童の自治に委ねる点には反対のようでしたけれど」
「やぁ、やめて、そこ、指、挿れ……」
 来夏の手が細かく動くたび、悟は身をくねらせて喘ぐ。由音はそんな二人を見ながら、おしゃぶりをはめられて口をきけない武生のかわりに、彼を紹介した。
「まぁいいわ。大庭会長、こちらは体験入学で本校にいらっしゃった、竹尾ゆずかちゃんです。英語の授業で色々と粗相をされたそうなので、外部の児童としては異例のことですが、特別矯正室の使用が許可されました」
「は、はい。よろしくお願いしますね、柚川くん……ぁっ!」
 悟は、明らかに幼稚園児ではない武生を見ても、変な顔一つしなかった。自分自身、六年生の男子児童であり、児童会の会長でありながら、女子制服を着たまま下級生二人から性的陵辱を受け、玩具にされていることに引け目を感じていたのかも知れない。彼は来夏におしりを弄られて喘ぎながら、
「えっと……じゃあ、僕はもう……」
「いえ、まだ大庭会長の時間は継続しています。確か本日の一五時〇〇分まででしたか」
 来夏がわざとらしく、壁に掛かったキャラクターの時計を見て言う。由音はいいことを思いついたように、顔をほころばせた。
「ねぇ、大庭会長も、『お仕置き服』を着てくださいよ。そうすれば、双子の赤ちゃんみたいになりますから」
「そうですね。二人でというのも、よろしいでしょう。鏡のようなものですからね。ご自分と同じ格好をした人を見て、自分がいかに恥ずかしい服を着ているか自覚するのも悪くはありません。……さぁ、会長。着替えてください」
 ――こうして、世にも奇妙な「双子」が、ここに誕生した。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

No title

正美もセーラー服を着ておちんちんにピンクローターを着けられて女の子に調教をされたいです。悟ちゃんのように何度もいきたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/27-4655553c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。