FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都の表現規制条例について

 「非実在青少年」という言葉があります。「実在しない子供」、つまり漫画やアニメなどに登場する、18歳未満の少年少女をさします。これはもちろん平安時代や江戸時代からあった言葉ではなく、青少年健全育成条例に基づいて規制しようとする東京都の造語であるようです。今さらながら、東京都も面白い表現を思いつくものだな、と感心いたします。
 このニュースはだいぶ前から大々的に取り沙汰されておりまして、いくつかのサイトでも、この問題の趨勢をまとめると同時、反対署名を集めたりもしています。

 東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

 もちろん私自身も、重要な関心を持って動向に注目しています。表面上、私の作品の何点かも、こうした「非実在少女」に該当する可能性があるからです(もっともその作品嗜好はまったく逆方向で、「小さい女の子と○○したい」ではなく、「自分が小さい女の子になって辱められたい」なのですが汗)。
 しかし表面的に捉えた場合、「一見18歳未満の少女が性の対象となっている」わけですから、児童ポルノに当たるのではないか、と指摘される懸念もあります。そのため、私自身の考えを、ここでざっと述べておきたいと思います。

  * * *

・現実の少女に対する児童への性的暴行や、児童ポルノについて。
 18歳未満の少女にたいして実際に暴行・強姦に及んだ相手に対しては、より厳罰を課すべきです。少女の最も多感な時期に、レイプなどによって心身共に重大な傷を負わせ、その後の人生を狂わせるような人間に対しては、人権を認める必要はない、とさえ思っています。その際には冤罪などが起きないよう、捜査関係者には十分に注意していただかなくてはなりませんが。

 またジュニアアイドルについても、すでに規制の動きは出ていますが、より厳しく規制するべきと考えています。確かに犯罪と違い、レイプなど直接的な行為はおこなわれていないかも知れません。ですがこれらジュニアアイドルの少女たちが、自分が性のことについてなにも判らない頃に、変態的な大人たちのオナペットとして供される映像に出演したと知れば、深い心の傷を残すことは充分に考えられます。映像媒体として広く流通してしまっている点は、犯罪とは別方向で悪質です。
 二次元の創作物よりも、まず一日も早く、こうしたジュニアアイドルビデオを根絶するべきでしょう。


・非現実における児童ポルノについて。
 まず言いたいのは、創作物が現実の事件を誘発すると考えるのは、極めてナンセンスだ、ということ。大半の人は、虚構と現実をきっちり区別した上で、現実では出来ないことを虚構の中で楽しむものです。それによって、ままならない現実の閉塞感を解消することができ、現実の生活を円滑にすることにもつながります。
 東京都のこうした規制、現実に児童に対する性犯罪をおこなう人がでるから虚構を取り締まれ、というのは、はっきり言って都民をバカにしているとしか思えません。

 虚構の本来の作用は、多くの人に喜びを与えることです。中には現実と虚構を踏み越える人がいるかも知れませんが、それはあくまで副作用にすぎません。この副作用を取り除くために、薬そのものの使用をやめてしまうのは、極めて馬鹿馬鹿しいことです。
 薬で喩えれば、用法・用量を守らず薬を摂取しすぎたために、その副作用で暴れ出す人がいたとしても、その薬で体調を保っている人(大多数の読者)に対してまで「薬を使うな」とは言えません。ましてや製薬会社(つまり作者)に対して「薬を売るな」というのは、極めてナンセンスでしょう。


 ただし、こうした児童ポルノを不快に感じる人も多く存在すること、小さい子供がいる親御さんなどが不安を感じることも、理解しなければなりません。そうした人たちの目に触れないように慎むべきだ、とも思います。ですがそれでも、より一般的で影響の少ない別の方法、例えばAVコーナーのように18歳未満の立ち入りを禁止するコーナーを設けるなど、別の方法があるはずです。

 表現の自由を振りかざして、声高に権利を主張するのはどうかと思うジャンルですが、少なくとも、社会の片隅で秘かに存在する、マイノリティな趣味の人たちに憩いを与えるくらいは、認めるべきだと思うのです。
 さらに言えば、私の強制女装に対するスタンスも、これと同様です。


 マイノリティに対してどれだけ寛容であれるかで、社会・文化の安定度を測ることができる──というのが、私の持論です。社会的・経済的な危機が訪れたときほど、マイノリティに対して狭量な政権が生まれることは、すでにナチスが社会危機の混乱に乗じて政権を取り、共産主義や社会不適合者などを迫害することで国民の支持を得た歴史が証明しています。
 日本の社会がマイノリティに対して寛容にあれるほど安定していることを、心から信じています。

  * * *

 長々とした文章にお付き合いいただいたかたは、どうもありがとうございます。結論としては、「表現規制には断固反対!」この一言に尽きます。
 もしこの文章を読んで、何か感じてくださった方がいらっしゃいましたら、上記HPなど表現規制に反対する団体への協力を、よろしくお願いします。署名ひとつ、メールひとつでも構いません。小さな声が積み重なることが、こうした表現規制への、最も大きな一石となるのです。

 ゆり様、taisa様、コメントありがとうございます。久しぶりに堅苦しい文章を書いて疲れましたので今日はおやすみですが(汗)明日にはまた、『女児転生』を更新したいと思います。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/243-7b9718a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。