FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制女装考 第二回(1)


 第二回  「女装」の類型化(1)

 さて、やや結論を急ぎすぎた感があります。そもそも「単なる女装」とは何か、「女装少年」とは何か、「強制女装」とは何か、定義もされていない状態では、読んでくださっている方も戸惑われることでしょう。ここで一度、まとめておきたいと思います。

 単なる女装とは、もちろん男性が女性の服を着ることです。スカートに限らず、例えば女物のブラウス、ジーンズ、肌着、さらには袴や浴衣まで、女物の服を着れば、それは女装になります。逆にキルト・スカートのように、スカートであってもそれが社会的に(または着用者の心理的に)男物であると認識されていれば、それは女装には含まれません。

 この「女装」には、本当に多くのケースが含まれるので、ここでは総括的な単語として用います。
 つまり、早乙女太一さんが妖艶な女形を演じるのも、江戸川コナンが犯人を追うために歩美と服を交換するのも、見苦しい中年男性芸人がセーラー服でテレビに姿を見せるのも、美少年が股を開いて男を誘惑するためにひらひらのベビードールを着るのも、全てひとくくりに「女装」です。美醜も必要性も問いません。

 次に、このカテゴリを細分化します。
 大空ひばりくんや宮前拓くん、あるいは性転換をされるNHの方のように、自分の性別は女であると認識し、男性が好きで、女性の服を着ているのが自然であると認識しているタイプの女装少年もいます。渡良瀬準のように、18禁ゲームに登場する準ヒロイン的立場の女装少年にも、このタイプが多いような気がします。これを仮に、「TS型女装」としておきましょう。TSとはTrans Sexual、つまり自己の肉体の性に対して違和感を感じる、性同一性障害の類型の一つです。

 ──性同一性障害についての類型を引用する以上、これについても若干の補足をしておきましょう。やや古い知識になりますが、ご了承下さい。
 まず、人間は自己のイメージとして、自己同一性Identityというものを持っています。それは自分の名前、民族、国籍、性格など多岐にわたりますが、このうち性別に関わる者を性自認Gender Identityと呼びます。性同一性障害という状態は、この性自認が肉体の性と異なる状態で、結果として自身の肉体や、社会的に与えられる役割に違和感を覚えます。これは状態の程度に応じて、自己の肉体に違和感を感じる“TS(Transsexual)”、社会的違和感を感じる“TG(Transgender)”、単に異性の服を嗜好する“TV(Transvestite)”に区分されます──

 TS型女装の場合、自分は女性であると信じており、かつ肉体が男性であるがゆえに齟齬が生じるのであって、その人が女性の服を着るのは、むしろ自然なことにあたります。ですから、彼らが女性の服を着ていることをもって女装と呼ぶことはできない、と考えられます


          (続く)

  * * *

 コメント、どうもありがとうございます。
 神無月の描く男性(タチ)は、基本的にワイルド&筋肉質です。神無月にとっての理想の男性(爆)ですから。
 FC2小説に掲載しているBL小説「敗北宣言」でも、ワイルド(というよりデンジャー)な少年が登場します。こちらも女装少年が出てきますので、興味がある方は読んでみてくださいな。

 ではでは。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kannaduki57.blog42.fc2.com/tb.php/156-b43705b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。