FC2ブログ

十月兔

強制女装を中心とした小説・イラストのブログです。

2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女座の園 第5エリア(4)

 ダイガ様、コメントいただきありがとうございます。強制女装って、素晴らしいですよね。同好の方とお話しできる機会はなかなかありませんので(笑)、これからもぜひお立ち寄り下さい。

 さて、またしても少し間が開いてしまいましたが、本日も開幕。

 * * *

 (4)

「子供の頃、僕は女の子とお人形遊びをしたり、絵を描いたりしているような、ごく大人しい子でした。男の子の中にも時々いる、女の子と遊ぶのが好きな子供だったんです」
 留美はソルティ・ドッグを傾け、静かに話し始めた。確か彼女は未成年ではなかったか。ちらりとそんなことを思ったが、無粋なことは言わず、良介は黙って彼女の話に耳を傾ける。
「そのころ、何となく思ったのを覚えています。なんで男の子はズボンしか穿けないのだろう。なんで女の子は、ズボンとスカート両方穿けるのだろうって。子供心に羨ましくって、それを口にしたら、ある女の子がスカートを貸してくれたんですよ。穿いてみて、でも周りからは変な男の子、オカマ、なんて言われて、泣きながら脱いだのを覚えています」
「…………」
「今から思えば、昔から兆候はあったんですね。でも、周囲からの冷たい目、軽蔑、そうしたものを感じ取って、『スカートを男が穿くのはいけないことだ』というのが刷り込まれてしまったのでしょう。それ以来僕は普通に、ズボンを穿いて同年代の男子と一緒に駆け回る、ごくありふれた子供に変わってしまいました。それは、本当はスカートを穿きたいけど仕方なく、と言うのではありません。自分自身がもつ、男の子はこうあるべきというイメージに縛られて、それ以外見えなくなっていただけです」
「…………」
「そうして、『男』を演じる僕は、とても安定していました。スカートを穿いたときのように周囲と軋轢が生まれることもない。スカートを穿いた記憶は、僕の中ではもはや忌まわしいものとして定着してしまったので、あのときに感じた純粋な疑問……『どうして男の子はスカートを穿いてはいけないのか』という疑問を感じることもなくなった。欺瞞と演技の中に僕の『本質』は埋もれ、その中での安定が保たれたのです」
 良介は静かに水割りを干し、おかわりを注文する。留美のグラスにはまだ、半分ほど残っていた。
「そのままなら、僕は他の大半の男性と同じように、女装もせず、もちろん性転換して女になろうとも思わず、ごくごく平凡な男性としての生活を送ったでしょうね。高校生まではそうやって、男性として生活していましたし、彼女と普通にセックスもしましたし、ね。性自認……って言いましたっけ、自分の意識としての性別は、間違いなく男性だったんですから。
 ですが……」
 留美はグラスをあおり、残り半分を一気に喉の奥に流し込んだ。良介はその様子に、
「大丈夫かい? 話したくないなら、無理に言わなくても……」
「いえ、大丈夫です。さすがに素面だと、話しにくいだけなので……お酒にはそこそこ、強いですしね」
 笑って言うと、留美は追加を注文し、ふたたび訥々と語り始めた。
「そうしてごくごく普通の少年として高校を卒業した僕は、家庭の事情で大学に行かず、就職することになりました。就職先は、この『B&B』です。思えば採用の際の面接で、初めて顔を合わせたときから、黒谷社長は僕に眼をつけていたのでしょう。テーマパークに興味があって就職を希望した僕は、あっさりと採用されました。
 そして僕は……黒谷社長の手によって、もう一度、『女性』の入口へと連れて行かれたんです」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

乙女座の園 第5エリア(3)

(3)

 その日の夜、九時。良介は、四谷にある小さなバーに来ていた。クラシカルな雰囲気の店だった。
 待ち合わせた時間通りに店内にはいり、中を見渡す。相手はまだいないようだ。とりあえずカウンターに座り、オールド・パーの水割りを頼んだところで、カウンターの隣に座っている男が振り向いた。ちょっと長めの髪を後ろで束ね、襟元をくつろげたカラーシャツにジャケットという、一見するとホストのような服装の青年だった。
 その青年は、彼は良介を見るなり、にこりと微笑んだ。
「良く来てくれましたね、有沢先輩。僕です」
「え……!」
 良介はぎょっとした。青年は恥ずかしそうに頭を掻き、
「はは、やっぱりこの格好じゃ判らないかな。私です……っていえば、判りますか」
「……、古本くん」
 青年……いや、古本留美は小さく肯き、少し寂しそうに笑った。
「先輩にとっては、僕はもう完全に女性なんですね。こうして男に戻っても、全く判らない。まぁ、当然ですけどね」
「……」
 そう。先程の人事部長と話を終えた直後、留美から電話が来たのだ。彼女は今夜、このバーで会いたいと言ってきた。折しも、人事部長の話からそれとなく当たりを付けていた良介にとっても、渡りに船だった。是非とも彼女にあって、直接確かめたかったのだ。
 古本留美こそ、良介の前任者。黒谷社長の手によって女装を強制された上、自らも女性としての自覚を持ち、性転換するに至った人物なのではないか、と。
 しかし十分に予想していたこととはいえ、普段はフェミニンなOL姿を見せている留美が、こうして男性として振る舞っていると、本当に見分けがつかなかった。
 何を言えばいいのか判らず、ただ黙って聞いているだけの良介に、留美は身の上話を始める。
「話すと長くなるんですけど、僕はもともと男だったんです。少なくとも、高校卒業時までは普通に男子高校生でした。彼女もいたし、普通にセックスだってしてましたよ。それが、あの社長に色々されて、今では完全に女の子です。まずはそのあたりの処から、話を始めましょうか」
「……いや、聞いてるよ。大まかなところは」
 留美は、ぎくりと身をひいた。そんな留美に、人事部長から聞いたことを話してやると、彼女は安心したように肯いた。
「なるほど、部長から聞いたんですね。そう。人事部長の話したとおりです。僕はもともと、古本留美ではなく、晴海新一という名前で、男として生活していました」
 照れたように頭をかき、留美は話を進める。
「だから、有沢先輩の気持ちも、僕には凄く判るんです。僕も凄く抵抗しましたからね。自分は女性じゃない、男なんだ。なんで男の僕があんな服を着なければならないのか、って。でも、今の僕なら言える。あの時僕が抵抗していたのは、本当に些細なことだったんだって」
「説得のつもりかい?」
「違いますよ。今日するのは有沢先輩の話じゃなくて、僕の話です。僕自身が、黒谷社長から女装を強制され、女性として振る舞わされ、さらに小さな女の子として扱われたとき、どう感じたか。そして今はどう思っているのか。それを聞いて有沢先輩がどう考えるかは、また別の話です。
 もしかしたら先輩は、僕の考えに反発して、ますます黒谷社長との溝を深めてしまうかも知れない。あるいは、僕と先輩との間に、溝を作ってしまうかも知れない。先輩は僕のことを、男の風上にも置けない、情けないやつと思うかも知れない。しかしそれでも……僕は、自分の考えを話します。よろしければ、しばらくお付き合い下さい」

乙女座の園 第5エリア(2)

 ゆうゆ様、コメントありがとうございます。ご期待下さる方がいるだけで、作者冥利に尽きます。
 最近更新が滞りがちなのは、忙しいのもありますが、モチベーションが上がらないためもありますので、よろしければ他の方も、感想などお寄せいただければ嬉しいです。

 最近サイトはほったらかし状態ですが、来月中には「乙女座の園」もまとめたいと思いますので、今しばらくお待ち下さい。

 さて、それでは開幕。

(2)

 啖呵を切って飛び出してきたものの、もしもこれで解雇されたら、正直次の仕事の当てもない。しかし良介は、在籍出向の形で「アトラクティス」から派遣されている立場だ。「B&B」の社長である春香には、良介を解雇する権限はないし、会社だっていきなり彼を解雇することはないだろう。「B&B」と本社とのシステム管理は、基本的に良介一人でやってきたのだ。
 今後は事情の聴取が行われたあと、やはり「B&B」にもどれという業務命令が下る……その辺りのことは、十分に予想できる。
 とはいえ、それでも構わない。良介の目的は、女の子の服を着せられるような無理難題を押しつけられる業務を免れることであって、この会社を辞めたいわけではないからだ。おそらく本社の人間を挟んだ面談を通し、今後あまり無茶な仕事を押しつけないようにとの連絡が、黒谷社長に下る程度だろう。多少社内での居心地は悪くなるかも知れないが、次第にエスカレートする要求に付き合っていたのでは、はっきり言って身が持たない。
 まぁ、おそらく今日のうちに社長から本社に連絡が行って、翌日の木曜には本社から自分に連絡が来るのだろうな。そんな良介の予想は見事に当たって、翌日、《アトラクティス》本社から彼の自宅に連絡があった。あろう事か、少し前に良介のウェイトレス姿に目尻を下げていた人事部長御自らの電話だった。
 彼は開口一番、
「どういうことだね、有沢くん。いきなり仕事を外れるなんて」
「どうもこうも。社長の命令が女装ばかりなんで、さすがに付き合いきれなくなってきただけです。僕はシステム関係の調整に行ったわけで、女装してお客さんの前に立つために行ったわけではありませんから」
「お前な……仕事でそんな甘いことが言えるわけ無いだろう! ……と怒鳴るのが筋なんだが」
 人事部長は溜息をつき、
「確かに彼女の趣味は、押しつけられる方にとってはたまらないのは判る。だが、彼女の方も色々あって、君のような存在がいなくてはインスピレーションが働かないらしいんだ。ここは一つ、耐えてくれないか」
「インスピレーションが働かない、なんて言ってないで、せめて他の方法でインスピレーションを刺激して欲しいものです。だいたい黒谷社長、僕が入ってくる前から有能だったじゃないですか。なら、僕があんなことをしなくても……」
「実は、だな。何人か、前任者がいるんだよ。だから彼女のインスピレーションは、常に高い水準に保たれているんだ」
 ささやかな悪事を告白するような口調で、人事部長は言った。
「いちばん最近だと……あの子か。君のように小柄で、女顔な子でね。彼は君と違って、『B&B』に直接入社した男性社員だった。高卒でまだ若く、気も弱かったから、すぐに彼女の趣味に囚われたんだ。手順はだいたい君の時と同じ。口実をつけてキャンペーンガールとしてイベントに参加させられたあと、女性の気持ちに近づくためと称してOL姿で出勤させられ、さらに彼女が用意したアパートに女性として入室、常時、女装を義務づけられた」
 全く同じだ。良介は、道理で社長が手慣れているはずだと納得した。
 人事部長はさらに続ける。
「君同様、会社を辞めるのという騒ぎになったこともあった。しかし黒谷くんが説得したのと、彼自身がもう女性としての意識を持ち始めていたので、なんとか和解した。そして、性同一性障害との診断書を得て、性転換。今も彼……いや、彼女は、『B&B』で働いているはずだ」
「……それって……」
 良介の声が震えた。彼の頭の中には、ある想像が働いていた。まさか、そんな、いや、しかし。
「それって、もしかして……」
「彼女の名前は、俺の口からは明かせない。もしかしたら勘づいてるかも知れないが、聞かないでくれ」
 人事部長の口調は頑なだった。それを感じた良介は、追及を諦めた。興味本位で聞くべき事柄ではないし、どうしても気になるなら、本人に確かめればいいことだ。
 その後の人事部長との話し合いで、明日、《アトラクティス》で会談の場を設け、良介もこれに応じることを承諾した。しかし、今の話が頭の中を駆けめぐっていて、とても考えがまとまる状況ではない。電話が終わったあとも、良介は受話器を手にしばらく固まっていた。
 もしかしたら、彼女は……信じられない思いで電話機の前に立ちつくす良介。そんな彼のズボンのポケットで、携帯が鳴った。
 画面に表示される電話番号と、名前。その相手は――。

乙女座の園 第5エリア(1)

 だいぶ間が開いてしまいまして申し訳ないです。といっても、どれほどの方が期待下さっているのか、今ひとつ判りませんが。最近エロシーンはないですし、まだしばらく出てくる予定はないですし。
 と、謝っておいてさらに恐縮ですが、今月は更新のペースは遅くなると思います。ご了承下さい。

 それでは、いよいよ舞台は第5エリアに入ります。どうぞ、お楽しみ下さい。

 * * *

 第5エリア フォトスタジオ《Royal Princess》

(1)

 うすうす、社長室のデスクの前に立った瞬間から、嫌な予感はしていたのだ。
 デスクに腰を下ろして良介を見上げる黒谷社長は、それこそ満面の笑みを浮かべて話し始めた。
「改めて確認するまでもないけど、この会社のメンバーは、ほぼ全員女性から構成されているわ。もちろん、女性向けの企画を立てる会社なんだから、当たり前だけどね。ただ、有沢君は本社からの出向だし、これまではあまりプロジェクトそのものに対する働きは期待していなかったのだけれど、先日オープンした《乙女座の園》で有沢君が関わったものが、けっこう好評を得ているのよ。例えば《Lakeside Swan》の口上。例えば、《アリスのお茶会》。そう言った面で、有沢君には今後我が社の中心的な企画メンバーとして、プロジェクトに対して積極的に加わって欲しいのよ」
 黒谷社長がニコニコしているときは、大抵ろくなことがない。いつも、良介が女装させられる前にはこんな表情をしていたのだ。良介だっていい加減学習する。
 しかし、
「だからって何で……会社近くのアパートに女性として入居させて、完全に女性としての生活を強要するんです?」
「女の子の気持ちを、もっと判ってもらうためよ」
 良介としては語気鋭く言ったつもりの言葉に、黒谷社長はしれっと言いかえした。
「いつも女性の服を着て、女性として振る舞い、女性として扱われれば、有沢君……いえ、りさちゃんの才能をいっそう伸ばすことができるわ」
「だからって……」
 デスクの上に積まれた服を、良介は嫌ぁな目つきで見た。そこに積まれていたのは、パステルカラーの洋服群。どう見ても、子供服ブランドの品だ。それも、《Sweetie Suit》のロゴが入った、おしゃれな子供服ブランドのもの。
 どうやら昨日の撮影で、子供服を着せられた良介がことのほかお気に召したらしい。迷惑な話だ、と良介は溜息をついた。
「りさちゃんには女の子の服が似合うんだし、それによって女の子の気持ちが分かれば、もっと企画にも勢いが出るはずよ。純粋に、生まれたときからの女性とは違う視点から、女性の喜ぶもの、女性が望むものをピックアップできると思うの。だから、りさちゃんには、女の子として生活してもらうわ……そのための費用は、会社が持つから、ね?」
 要するに、これかは四六時中、女性としての生活を送れと言いたいらしい。話を聞いて、良介は迷った。しかし、何の罪悪感もなくにこにこと笑っている社長の顔を見て、迷いが消えた。
 すぅっと表情を消して、良介は言った。
「……申し訳ありませんが、付き合いきれません」
「え……?」
 ぽかんとした表情で、黒谷社長は良介を見た。
 それを見た良介の中に、ドロドロとした怒りがわき上がってきた。自分が、会社の命令だからという理由だけで唯々諾々と、あるいは嬉々として女性の服を着せられるような人間だとでも、思っていたのだろうか。だとしたら、本当に付き合っていられない。
「ちょっと待ってりさちゃん……有沢君。これは、あなた自身のキャリアにも繋がるのよ。この研修を通じて、女性の気持ちが分かるようになれば、きっとあなたは……」
「だとしても、お断りします。もう、女装させられるのにはうんざりですから」
 良介ははっきりと言い、さらに、
「正直、こうして女装したまま事務作業に従事させられるのも、かなりうんざりしていたんです。申し訳ありませんが、しばらく休職します。火曜に行うシステムのメンテナンスだけはちゃんと来ますので」
 言いたいことだけ言って、良介は黒谷社長に背を向けた。こっちの様子をうかがっていたらしい留美と、目が合う。留美はびっくりしたように目を丸くしていたが、すぐに目を下げた。
 社長はどんな表情をしているのか判らなかったが、何も言わなかった。良介は彼女の方を振り返ることなく、ショルダーバッグに荷物を詰めて、オフィスを出て行った。

乙女座の園 間章5

 
 間章5 観覧車《Honey Moon》

 なんでこんな服着せるんですか、黒谷社長。
 可愛いからとか似合うからとか言って、ごまかさないでください。僕は男なんです。そんなこと言われても嬉しくありませんし、ましてや女装趣味なんて無いんですから。
 ……だから、変な呼び方しないでください。僕は女の子じゃありません。
 まぁ、社長命令ですから着ますけどね。でも、正直やめて欲しいです。しかも部屋を移されてから、私服まで女物ばかりで、最近ズボンなんて穿いてませんよ。
 正直、女物のショーツとかブラジャーを干してると、情けなくなってきます。僕は男なのに何をやっているんだろうってね。他にもブラウスとか、スカートとか、そんなものばっかりで。久しぶりにトランクスを干したくてたまりません。まぁ、お隣さんには女性と言って入居してるから、それもできないんですけど。
 それに、昨日持って帰るように言われた服。あれはさすがに着られません。仕事って言われれば仕方ないんですけど、なんだって普段着であんなものを着なきゃいけないんです? 近所の子供に頼んでくださいよ。小さい女の子なら、喜んで着てくれるでしょう。
 毎日女装して過ごしている癖に、と言われても……それは、ねぇ。もう半年以上も女装させられていれば、いい加減慣れますし、あきらめもついてきます。でも、僕は男なんです。いくらこの「B&B」が、女性向けの企画を中心にしているからと言って、わざわざ僕に女装させて女の子として働かせなくたって良いものです。
 それに最近、自分が信じられなくなってきてるんです。
 半年前、女装させられてすぐの頃は、ちゃんと男の姿で夢を見ていたんです。夢の中でまで、女装させられていたことはありましたけどね。でも、それだってちゃんと「女装している」って言う自覚はあったんです。
 最近はそうじゃない。もう、普通にスカートをはいて夢の中を過ごしているんです。本当に、自分が自分でなくなるような感覚ですよ。判りますか? 僕はもう、自分の意識の中で女性になりかけているんです。
 もうそろそろ、限界です。あともうちょっとで僕はたぶん、「自分が女性だ」という確信を持ってしまう。もう二度と、男に戻れないところに踏み込んでしまう。ですから社長、どうかもう、女装させるのは勘弁してください。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。